您现在的位置:2020年香港内部精准十二码 > 学科站点 > 历史 > 正文内容

百年以上の歴史持つ工芸美術の「三宝」コルク画 福建省福州市

作者:admin 来源:未知 更新日期:2020-02-25 浏览次数:

  
 

   6日、コルク画の創作に励む呉芝生さん。 (福州=新華社記者/林善伝)【新華社福州12月12日】1914年に始まり、中国福建省福州市を発祥地とする福州軟木(コルク)画は、悠久の歴史をもつ寿山石彫、芯材を持たない漆器、脱胎漆器とともに同市の工芸美術の「三宝」と称される。

  
 

   2008年に国務院により第2次国家級無形文化遺産リストに登録された。

  
 

   福州コルク画の5代目継承者、呉奕紅(ごえきこう)さんは、コルク画を使ってカーアクセサリーやネックレスなどのおしゃれな装飾品を作っている。 今では4代目継承者の呉芝生(ごしせい)さんと娘の呉奕紅さんの努力により、コルク画芸術が学校や工場で紹介され、人々に注目されるようになったという。

(责任编辑:admin)
【字体: